有料老人ホームは終の棲家になるのか

subpage01

介護付きの有料老人ホームに入居した際の費用は、平均すると1か月あたり27万6000円ほどです。


しかしこの費用は、8万円くらいのところもあれば70万円以上必要な施設もあります。また、入居一時金が必要なところもあります。



入居一時金は2000万~4000万円くらいのところが多いです。これだけの多額の費用を出しても、一生その有料老人ホームに住めるという訳ではありません。



中には退居になることもあります。契約書を隅から隅までじっくりと読む人は少ないようですが、ほとんどの有料老人ホームの契約書には、「認知症などによる迷惑行為などで共同生活が困難になった場合は、退居していただくこともあります」という条項があります。


今は元気でも、このような状況になることは絶対にないとは言えないでしょう。

せっかく多額なお金を出して入居しても、途中で退居になるリスクを抱えているということは認識しておきましょう。
もともと糖尿病のある人や、脳梗塞などの脳血管障害の既往がある人は、認知症のリスクも高くなります。ある日突然「うちでは責任を持ってお預かりすることが難しいので、退居して頂きたいのですが」と言われて、慌てて次の施設を探さなければならないこともあります。

認知症の症状が出て来た時点で、このようなケースもあるということを思い出して、契約書を確認しましょう。



そして上記のような条項が書かれていた場合は、次の施設を探し始める必要があります。一時入居金が必要なところと必要がないところの差は、主に立地と介護職員の人数です。
車があるから山奥や不便な所でもOKと言う人は、そのようなところで一時入居金の必要がない、お手軽価格の施設を探すのも一法です。